サガン鳥栖 分析ブログ

サガン鳥栖について考察していきます

サガン鳥栖対FC東京

・両チームスタメン

f:id:koki135:20191011185800j:plain

鳥栖のジョンス、福田、豊田の起用は前からガンガン守備に行きたいためと思われたが、実際その通りになり、球際のところで激しいバトルが繰り広げられることになったが、Jリーグ公式のハイライトはシュートシーンないなら切り取るわといわんばかりに前半のハイライトはすべて切り取られてしまってた。

 

・ジョンスのボランチ起用の効果

ジョンスのボランチ起用で主に2つの恩恵がありました。

1.逆サイドへの展開がスムーズにいく

 

f:id:koki135:20191011190249j:plain

前半は三丸への逆サイドへのパス、後半はヨンウへの逆サイドのパスを淡々とこなすことによって東京サイドからみれば嫌な攻撃になっていました。

普段CBをしているからか遠くを狙ったパスを躊躇なく出すジョンスはそこで松岡との違いを生み出しているのかなとも思えるシーンでした。

 

2.降りてくるディエゴとのバトルができた

f:id:koki135:20191011190638j:plain

あんまり東京の試合を見たことはないのでわからないが、ディエゴのイメージは降りてきてボールを受けたがる傾向にあるなと思える選手です。

明輝監督がどこまで予想していたのかは分かりませんが、降りてくるディエゴに対してファーストDFとしてジョンスをぶつけようとしていたのであれば素晴らしい起用方法だったと思います。

結果としてディエゴに自由にボールを触られませんでしたし、イエロー覚悟のスライディングも見せて、相手をいらいらさせ気持ちよくプレーさせませんでした。

 

ジョンスの良さはDFとしての本能なのか「狙った獲物は逃がさない」そんな守備の仕方をします。要はめちゃくちゃ人についていく守備です。

それがディエゴにしつこく守備をすることになりましたし、逆にジョンスが空けたスペースを起点に使われ、細かいパス回しでゴール前まで侵入される結果になりました。

f:id:koki135:20191011191515j:plain

人に付く守備をするのであればその空いたスペースを誰かが埋めるもしくは埋める準備をしておかなければ逆にそこを囮にされることになります。

CBが出るのか、SHが内に絞るのか、もしくはもう片方のボランチがケアするのかそういった意識がより高まればなかなか無失点で勝つことができない鳥栖ですが、失点を防ぐことになります。

 

 

・前半の総括

危ない場面としては祐治が永井につられてディエゴと崩されかけたシーンはありましたがなんとか防ことができていました。(ここらへんはFC東京戦術ブロガーのがちゃさんのレビューを見てください。リツイートしておきます。)

左サイドはクエンカが2人引っ張って三丸をフリーにすることである程度制圧できており、どっちもどっちという感じで後半へ。

 

・後半の影のMVPヨンウ

前半に右サイドの福田からのクロスはあまり見られず、後半は福田に代えてヨンウを投入したが、右サイドも質的優位が働くようになり、鳥栖は両サイドで活き活きとし始めた。中でも注目してほしいプレーがあり57分のシーンです。

f:id:koki135:20191011192834j:plain

ヨンウへジョンスからの逆サイドのパスが通り、金井がオーバーラップでジェソクと三田を引き付ける役割をしてヨンウがカットインしてシュートを放ちました。このパターンはC大阪戦の天皇杯でヨンウが決めたゴールシーンと似ており、個人的にはそのイメージがあったので入ったと思ったのですが、相手DFにあたってしまいました。

それでもヨンウの左サイドの制圧はある程度でき、東京の選手は2人で対応しても飛び込めなくなってしまい、1点目のクロスなんかは数的不利でも間をあける東京の選手に対してクロスを上げ、ゴールに結びつけました。

 

・劇的ゴールの裏で

疑惑のある2点目ですが、ゴールに結びついた要因としてはまず、81分の連続したコーナーで同じようなファー狙いをしていたのを見るとおそらく林が届くか届かないかくらいに上げ続けるのは狙った形であったかと思います。

そしてもう1つあのセットプレーの前は高丘がハイボールをキャッチすることで素早くカウンターに繋げ、3対3の状態を作れたところも注目すべき点です。

 

・最後に

最近の鳥栖の勝ち点の奪い方は執念を感じますし、残留するチームでしかないと思います。ここまでやってきたチームなんだから恐れることはないし、俺たちがついている、さあ共に戦おう まさにこんな気持ちで戦って欲しいですし、自分も戦っていきます。

サガン鳥栖対ガンバ大阪

・両チームスタメン

f:id:koki135:20190920195211j:plain

 

ガンバ大阪の狙い

f:id:koki135:20190920195103j:plain

鳥栖のプレスのかけ方は4-2-4気味で特に遠藤、井手口には自由にはさせないという意図が見えました。金崎はコース限定させ、金崎がボールが出たところで追うという役割分担も上手にできていました。

4-2-4のプレスでいくとSHとSBの間があくことになり、プレスがうまくかかっているときは良いのですが、遠藤のポジショニングによって、主に左サイドで倉田が間で受けたり、宇佐美が降りてきて受けたりと起点にされるのは多かったです。

これが右サイドでもやられたら厳しいところでしたが、ガンバの左サイドの質の高さによりどうしても左での攻撃の方が迫力はありました。鳥栖としては左サイドで攻めてくれたほうが守備力の高い福田が空いたスペースをカバーしてくれますし、宇佐美の降りてくる動きに裕治がついていき、空いたスペースをパトリックが狙っていましたが秀人のカバーリング、そのスペースを埋めることができていました。

f:id:koki135:20190920200340j:plain

SHとSBの間を使われて危ないシーンもあって、5分33秒のシーンでガンバの右サイドで宇佐美、小野瀬、高尾で深いところまで侵入され、後ろのカバーに遠藤がいてそこにボールが戻されてスルーパスが遠藤から出されました。

深くえぐったところで後ろでもらう(イメージとしてはPAの角付近)そこからスルーパスもしくはクロスというのはマンCがよく見せるパターンであり、深さをとってスペースを空け、フリーになる瞬間を作ります。

ガンバはこういうシーンをもう少し作り出せればと、あと宇佐美が組み立てに参加しなくても小野瀬、高尾、遠藤3人でそうしたパターンを作れば、宇佐美も中央で待ち構えることができ、クロスでの得点もあがっていくかと思います。

 

鳥栖のビルトアップ

鳥栖のビルトアップでうまく計算されたシーンを一つ取り上げようかと思います。

前半30分55秒のシーンです。

f:id:koki135:20190920203112j:plain

ビルトアップ阻害として小野瀬は原川につきます。そうなると三丸はだれが見るかという問題が生じてきて高尾が見ると、クエンカが空いてくるという高尾にとっては2択をつきつけます。解説の方が高尾が微妙な位置を取ってしまったと話していましたが、微妙な位置を取らざるを得なかったことには注目しなければなりません。

金森が三浦とデートで引き付けて空いたスペースに金崎が走りこみボールを受けシュートまでいけませんでしたが、惜しいシーンでした。

ずれてずれてゴールまで行くというのは現代サッカーの醍醐味であり、鳥栖が目指すべきビルトアップの姿が垣間見えました。

 

・前半総括

ガンバは宇佐美が降りてきて間で受け、そのマークに鳥栖としては誰がつくかという結論がいまいちでないままでしたが狙いがパトリックへのスルーパスミドルシュートでしたが、ラインコントロールや遠めからのシュートでそれほど決定機を与えることはありませんでした。

鳥栖の攻撃面で気になるところが2点あり、1つ目はヨンウの縦への突破が対策されており、2人以上で囲まれてしまっています。天皇杯C大阪戦のヨンウのゴールはフォローがいて中へのカットインから生まれました。ヨンウのゴールシーンはだれかと連携して空いたスペースに侵入する場面が多いような気がします。縦に抜ける動きをしてあげるだけでヨンウのドリブルのコースは広がると思うので、戦術的なところであえて1対1を生もうとしているかもしれませんが個人的には1人フォローが欲しいところではあります。

2つ目はクエンカがマイナス方向でボールを受けがちで、そこで渋滞してしまうシーンが見られたことです。特に前半27分45秒のシーンですが、マイナス方向には福田がいたためクエンカはマイナス方向でうけるよりもSBとCB間を走り抜けて深さを取って欲しいなと思う場面でもありました。クエンカが幅と深さを取ってくれたらその分三丸や原川がインナーラップなどでゴールに攻めることができます。ただ、渋滞を引き起こしてもキープしてしまうのがクエンカのすごさであり、外すわけにはいかない人物ですよね。

 

・4-2-3-1へのシステム変更

後半に入り、ヨンウから小野に代え4-2-3-1へのシステム変更します。

このシステムによりまず守備面でのプレッシングのかけ方が変わります。

f:id:koki135:20190920213035j:plain

プレッシング時には4-3-3へと可変し、小野が東口と遠藤を見て、ヨングォンには金崎、三浦にはクエンカが付きます。ガンバは最終ラインでの回すところがなくなってしまいますが、パトリックターゲットというよりは2列目あたりに蹴りこんでいました。ガンバとしては繋げられそうなところにとりあえず繋ぐという意識があったようにも思いますし、一応最終ラインは4対3を作れているので東口は落ち着いて狙って蹴ることはできていました。その結果が2列目の倉田あたりに蹴りこみますが、寄せが早い福田、金森によって奪われ、前線に人数の残る鳥栖はカウンターで何度もチャンスを生み出していました。

大分みたくキーパーを含めて4バック化すれば鳥栖も戸惑ってしまうところですが、ガンバはそこまでのビルトアップは完成されておらず、おそらくそこまで含めたうえでの3枚を前に当ててきたのだとおもいます。

 

攻撃時には2-3-5のようになる配置になっていました。

f:id:koki135:20190920213059j:plain

小野はトップの位置にいるというよりは降りてきて受ける役割を果たしており、ガンバとしてはマークに付きづらく、前半の宇佐美のような感じでした。

ガンバとの違いは小野が降りても前線には最低でも金森、金崎、クエンカが残っておりそこでのコンビネーションで相手を崩せることでした。

金崎は相手を背負って受けるプレーは得意であり、ガンバの最終ライン4人に対して金崎が収められることができれば、数的同数(ガンバ最終ライン4枚に対して金崎、金森、クエンカ、小野)から裏を取るだけでシュートまで結びつくシーンがありました。もちろん金崎だけでなく、前線のだれかが収めてくれる場面が多くみられ、前線の質の高さを活かせることができていました。

 

鳥栖はガンバのビルトアップを徐々に阻害しつつ、中盤に蹴らせて、そこで回収することでショートカウンターのような攻撃を相手に与え続けていました。

何本もあるうちの1本を決めれればよかったのですが、決めきれることができず、さらに変化を加えたいところで原川に代えて豊田でした。

原川がいた位置には小野が入り、豊田、金崎の2トップで4-4-2の形になりますが、結果論からいえば、相手に勢いを与えることになります。

3枚でガンバのビルトアップを徐々に阻害していた鳥栖でしたが、豊田1 人でキーパーまで深く追えてしまいます。これがいいときもあるのですが、全体の前線への押し上げがたりないと間延びするような形になり、相手にもスペースを与えピンチを招きます。

ガンバはこの時間スサエタを投入したこともあり、とりあえず前へという意識がより強くなり鳥栖が後半から行っていた中盤での回収→ショートカウンターという自分たちのターンを作れなくなります。点を取られたシーンは単純なサイドからのクロスでやられた形ですが、ガンバにシンプルでいいんだという回答から点を決められてしまったのは、後半からガンバを追い詰めていた鳥栖にとっては精神的にダメージが大きい試合となってしまいました。

あえて東口に蹴らせる時間を与えるというのがうまくいっていたのもあったのであの場面の豊田の投入が果たして正解であったのか。ただ、豊田を後半の終わりに投入して勝ち点はいくつも拾ってきたので、決めきれないのなら豊田のなにか持っている力に頼ることも大事だとも思います。今回は結果として相手にゴールがこぼれてしまいましたが、もしかしたらこちらにこぼれてきたかもしれません。サッカーは難しいですね。

 

・最後に

試合は負けてしまい正直結果が欲しいところではありました。ただここまでアウエーで内容で圧倒した試合はここ最近の中で見たことがなく、3-0くらいで勝ってもおかしくない試合でしたし、今後の鳥栖のやりたいことが見えた気もします。

今後やりたいことをつなげるためにも今年も残留しなければなりませんし、浦和戦で勝つか負けるかでかなり変わるかと思いますので、次はC大阪戦の天皇杯みたいに抜群の決定力で勝利に結び付けたいですね。

サガン鳥栖対ベガルタ仙台

この試合の流れを変えたのは小野だと思い、そこにスポットを当てたいため今回のブログは小野の投入の後半から書きます。

 

・小野の投入で流れが変わった理由(前回に引き続き)

小野の投入で4-4-2からボール保持時4-1-4-1非ボール保持時4-5-1にシステム変更を行いました。

ボール保持時、小野とクエンカは左サイドでハーフスペースとその外側を使い合う関係を見せており、仙台からすると非常に捕まえづらくマークの対象が曖昧になります。

結果としてなんとか人につこうとするあまり、仙台のラインがずるずる下がるようになり鳥栖の時間を作り出すようになります。

 

さらに小野がスペースを生み出すところで他の選手と違いを見せていたためそこを言語化していきたいと思います。

f:id:koki135:20190901120656j:plain

小野は終始SH裏、SB裏を狙う動きを見せており、ハーフスペースにいた小野がそのような動きをすることでクエンカがハーフスペースに入り込む余地が生まれます。

1対1であればクエンカはなんなくハーフスペースに入り込むことができ、実際そこを起点に46分には中に切り込んだクエンカが逆へ展開して金崎のシュートまで結びつけました。72分にも小野が外に抜ける動きから時間を作り出し、クエンカのクロスは惜しくも豊田には合わない場面がありました。

 

また、2トップ脇で受けることでリズムを作っており、インサイドハーフの役割だけでなくボランチの役割も果たし、仙台としては捕まえづらくやっかいな存在だったはずです。

f:id:koki135:20190901121754j:plain

 

 

この場面小野がクエンカにパスを出しそのままハーフスペースに走り出すのですが、そもそも小野ではなく三丸がハーフスペースに走りこめばいいと思いました。

f:id:koki135:20190901122023j:plain


もしも三丸がハーフスペースに入り込めば図のように押し込める展開を作り、空いたスペースを小野が使えてクロスでもいいし、シュートも狙えます。

三丸はどうしても外に張る傾向が強く、個人的にはインナーラップも覚えていけば、攻撃のバリエーションが増えるかと思います。あとはミスをしても良いので縦への推進力も欲しいところではあります。クエンカ、原川と組み立てようとしてボールを大事にしすぎて相手の守備網にかかる場面が多くみられます。

ただ、いい場面もありまして、48分に小野が降りたときに三丸が裏を狙った場面は小野との立ち位置をよく考えたうえでの非常にいい動きでした。

 

・小野がボールを拾える理由

小野はいつもいいところにいるなと感じます。その理由が出した後に再びもらえる位置に動いているからです。いわゆるレイオフの動きができています。

レイオフとは後ろ向きの選手が受けて、前向きの選手にパスを出す関係性のこと

そのためボールをロストしても小野はボールから近い位置にいるのですぐ回収することができます。

 

・結果として仙台のDFラインを押し下げることに

冒頭でも書きましたが、仙台は人に付くようになり、結果としてDFラインを押し下げます。人につくあまり5バック化する仙台に対して中盤の選手間の距離が空き、前線へ直接パスが届くようになりました。

f:id:koki135:20190901124108j:plain

金崎になんかボールが届くようになったなと感じたのもそのようなおかげだったかと思います。PKを金崎が得た場面は、ボールを何回か後ろ向きで背負った結果タイミングを掴みファールを誘えました。

そしてその流れでそのまま逆転ゴールへと結びつけました。

 

・最終的にはなぜそこに金井

金井は後半から原川が上がればそのスペースを埋めるし、上がらなければ攻撃参加してうまくバランスを取っていました。時には内に絞る場面も見られ、金井から三丸への展開もあり、その展開を起点にゴールが生まれました。なぜそこに金井がいるのかというと金井としてはスペースを埋めただけであり、原川が後ろにいたため、そのまま攻撃参加した結果金崎にアシストというおまけまでついてきました。

 

・終わりに

トーレス引退試合からの仕切り直しで前半はどうなることかと思いましたが、思い切ったシステム変更で仙台を惑わすことができ、また小野が起点を作ることで逆転勝ちという素晴らしい勝利を掴みました。もしかしたら浦和戦まで6ポイントマッチになるかもしれない厳しい戦いが続きますが、残り10試合で6勝4敗ペースと考えると幸先の良い1勝をつかみ取ったような気がします。まだまだ予断を許さない中でガンバ戦ももちろん勝ちにいきましょう。

サガン鳥栖対ヴィッセル神戸

・スタメン

f:id:koki135:20190825155135j:plain

 

 

・全くはまらないプレス

f:id:koki135:20190825155254j:plain

鳥栖が狙っていたのは図のような形で両SHがCBとWBの間でコース切りをして奪いきるという展開だったと思います。

f:id:koki135:20190825155430j:plain

しかし、実際はワイドに開く両CBに持ち上がられたり、飯倉含めて4バック化することで神戸はなんなくプレスをかいくぐります。

左サイドはヨンウの裏をイニエスタが使い、松岡が行きたいところですが、酒井も気にしないといけない立ち位置のため飛び込めず、数的不利を作られます。

逆サイドも西が幅を取る山口の代わりにライン間に入ってきて終始パスを引き出し数的不利を生み出されます。3か所で数的不利が発生している状態となり、そこからのズレで鳥栖は相手に攻め込まれることになりました。

 

個人的にどうすべきだったかを考えてみました。

f:id:koki135:20190825160835j:plain


ヨンウの代わりに裕治で5-2-3のプレスをかけた方がより嵌りやすかったのかと思います。神戸の3CBに対してはがっつり3枚で嵌めて3枚の中盤に対してはイニエスタには松岡に山口、サンペールには義希に頑張ってもらいます。万が一山口に通されても裕治が対応できます。

見ていた感じ飯倉は足元の技術は優れますが、蹴らされる形になると精度がものすごく悪く感じましたのでこのシステムで飯倉に蹴らせる形を作れたらと考えました。

 

攻撃時はどうするのかというと

f:id:koki135:20190825161058j:plain

秀人を1列上げて2-3-5のような形です。これにより中盤でのボゼッションを高めつつ、小林、金井に出してWBを引っ張ったところに金森、クエンカが飛び出す形を作れます。特に、金森はこの形は得意なんじゃないかなと動き出しを見ていて思います。

 

・小野の投入により流れが変わった理由

小野の投入後はイニエスタがいないとはいえ、いい戦いをしていました。その理由は小野が3センター(神戸の中盤)を使えていて、小野に引き付けられる結果3センターの間が空いてきてクエンカが間で受けられるようになります。

f:id:koki135:20190825161711j:plain

 

義希はボールを持つタイプではないので3センター脇をうまく使えずに狭いCBとWBの間を狙う動きをしていました。

代わって入った小野はボールを持つタイプなので、広く空いた3センター脇で自由にボールを受けられるようになり、鳥栖はペースを掴みつつありました。

間で受けるクエンカからチャンスをいくつか作れましたし、クエンカだけでなく小野が間で受けたとき惜しいシュートを67分に放ちました。

 

相手が5-3-2の場合、今言ったように3センターの脇をどう使うかが焦点になってきます。そこで気になったのが、ヨンウの起用が合っていたのかというところです。

相手が4-4-2の場合今の鳥栖だと右SBを内に絞る配置を取りヨンウに1対1を仕掛けさせます。

(神戸、鳥栖の配置は今節のメンバーから選んだイメージ)f:id:koki135:20190825162647j:plain

この図で分かるようにヨンウの仕掛けられる範囲は広いです。

 

ただ、今節の場合

f:id:koki135:20190825162919j:plain

酒井を抜いてもフェルマーレンに対応されますし、結果論から言えば酒井は1対1にものすごく強かったです。

また、3センター脇を使いたいのに右SB(福田)が絞ることで敢えて使わない状態となってしまいました。左は小野が3センター脇を使えたのですが、右は3センター脇を使う場面が見られず、左に、右に神戸を振ることができませんでした。

一方の神戸は抜群の精度がありましたが、左に右に振ることができ、その結果、得点に絡むことができました。

個人的には右にも自由に持てる金崎のようなタイプを思い切っていれてもよかったのかなとも思いました。

 

・最後に

この試合はトーレスのための試合でもありました。

以前も書きましたが、このブログを書くきっかけになったのがトーレスの加入でした。このような小さいクラブに現役バリバリの選手が来るなんて自分が鳥栖を好きになった15年前くらいを思い出すととても考えられないことでした。

大敗しましたが、トーレス鳥栖で残したものなどは変わるものではありませんし、今後選手が日本を選択肢として考える際に鳥栖というチームを見てくれるきっかけにもなりえるのではないのでしょうか。

サガン鳥栖のためにトーレスが戦ったという事実、また、これからも関わり続けるという意思を無駄にしないように今季、それから何年先もJ1で居続けないといけないという使命が与えられたような気がしますし、選手たちもそれを分かって戦ってくれるはずでしょう。

 

 

 

 

 

サガン鳥栖対湘南ベルマーレ

・両チームスタメン

f:id:koki135:20190819100924j:plain

鳥栖は金森がスタメンには欠かせない存在になってきました。金井が即スタメンとなり、「なんでそこに金井」が見れるかと思ったら最後の最後に見せてくれました。

想定外だったのが開始早々原川が負傷退場してしまい福田が投入されました。

 

・落ち着かない展開から鳥栖のペースへ

前半15分までは落ち着かない展開でした。この落ち着かない展開というのはどんどん前に走っていく湘南のペースにもっていかれることを意味します。

15分から落ち着かせたのはポストプレーで今節大活躍の金崎でした。

豊田、トーレスが出場しておらずロングボールに対してのターゲットがいませんでしたが、相手より先にポジション取りをしてボールを保持できました。

そのポストプレーが生きたのが1点目と2点目であり再現性のあるプレーでした。

鳥栖の1点目

f:id:koki135:20190819102225j:plain

FWの金森と金崎の困ったところといえば動きすぎるというところでしょうか。

ただ、動きすぎるせいでライン間でボールを受けたり、ゴール前の連携の人数は足りるようになったりというメリットが生まれます。

ゴール前に人がいなくなれば代わりに誰かが侵入すればいい話でそれが2点決めたクエンカだったり、福田でした。点をとったクエンカに目が行きがちですが、福田も何度もゴール前に侵入しており、1番惜しかったシーンが81分のフリーでのヘディングシュートでしょうか。原川は組み立てに参加するのでどうしてもゴール前への侵入が少なくなりますが、福田は金崎、金森に任せて、上下運動ができる強みを活かしてゴール前から守備までこなそうとしているのは彼の良さですね。

 

1点目は図のように原、ヨンウ、金森で三角形を維持していたのですが狭い局面でした。そこに金崎が加わることで新しい三角形(ひし形)ができあがり新たなパスコースが生まれます。相手としたら原、ヨンウ、金森の三角形のパスコースを警戒してますので原から離れた金崎のパスコースは少し対応が遅れました。

金崎へボールが渡るとキープからインナーラップをした原へリターンをして、原はドリブルで侵入して相手DFの間を抜けてきたクエンカへパスを出し、クエンカがゴールを決めました。

原が思い切って前に出られるようになったのは鳥栖の攻撃面で大きな強みとなっていくはずですし、クエンカのゴール前の侵入のタイミングも相手にとって捕まえずらいものでした。

 

・前に出る湘南

前半開始から鳥栖のビルトアップに対して湘南のWBは高い位置を取るヨンウ、クエンカにピン留めされる形になりなかなか前へ出られませんでした。先制されて前半30分ころからWBが前へ出てSBにプレッシャーをかける場面が目立つようになり、徐々に湘南も前への攻勢を強めようとしましたが、鳥栖の再現性のある攻撃で2点目を奪われました。

鳥栖の2点目

f:id:koki135:20190819104240j:plain

この場面も福田、金井、クエンカの三角形から金崎が新しい三角形を生み出すことで新たなパスコースができました。金井のパスから金崎がキープすると金森がサポートに入りドリブルから逆サイドの原へパスを出しました。ここにも金森動きすぎる問題が含んでいるのですが、代わりにクエンカが中へ侵入することでまたもや得点に絡みました

ここで述べておきたいのは原が高い位置で受けた点で今まではこの記事の2で述べているように低い位置で受けてしまう場面が多かったのですが、

https://koki135.hatenablog.com/entry/2019/05/06/160249

この場面では高い位置で金森からパスを受け、仕掛ける必要もなく、クエンカへ良いパスを送りこみました。相手DFも金崎に気を取られてマークにつきましたが、積極的に中へ侵入するクエンカに対してのマークは後手となり、ゴールを許す結果となりました。

 

原のインナーラップや高い位置でボールを受ける姿勢はこの試合でみられるように素晴らしく向上しており、欲を言えば、後半45分で金崎のポストプレーから原がシュートを放った場面は決めてほしかったですね。ただ、1,2点目同様再現性のあるプレーであり、良い場面でした。

 

前半終了間際に湘南に1点を返され、後半はCBも上がりを見せて攻勢を強めていました。CKで打点の高い坂のヘディングを起点に同点にされた鳥栖は後手に回る場面が多くなり60分頃から湘南のWBが積極的に攻撃参加するようになり、スタミナに難があるクエンカ、ヨンウがどこまでついていけるかという問題がありました。

 

そこで明輝監督は65分にヨンウから小野に交代してクエンカを前線に、スタミナお化けの金森とフレッシュな小野をサイドにおきます。

小野はサイドの役割というよりもクエンカ、金崎と自由に入れ替わりながら湘南のブロックを崩す役割や空いたスペースを使う役割をしてほしかったかと思います。

81分にはクエンカに代えて豊田を投入して勝ち点3を取りに行きましたが、この小野と豊田の交代策が結果的に実りました。

小野のスペースの抜け出しから、豊田へ合わせたクロスは、頭には合いましたが、ゴール横に流れたかと思いました。そこに「なんでそこに金井」が現れ、見事に決めてくれました。

 

・最後に

2-0は危険なスコアと言われますが、2点差でっ勝っているんですよね。1点入れられても1点差で勝ってます。当たり前ですが。鳥栖は1点入れられて、自らを追い詰めていたようにも思えます。鳥栖は昔と違いビルトアップの形があるのでそこで落ち着いて繋いでいき、無理な時は金崎に預ける、裏を狙うなどして自分たちのペースにもっていくことができます。なので本当の強さは2-0でそのまま勝てることでしたが、今の順位ではそんなこともいってられず、内容より結果です。今は負けていても逆転するのではないのかそんな雰囲気が鳥栖にはあるのではないでしょうか。

今はそんな独特の雰囲気のある鳥栖で良いとも思います。

次回はトーレス引退試合です。私はゴール裏で応援して、Twitterで話題になっているサガンブルーとピンクのサイリウムを持っていくつもりなので、みなさんもサイリウムをもってトーレス引退試合に花を添えませんか。

サガン鳥栖対セレッソ大阪

両チームのスタメン

f:id:koki135:20190812101441j:plain

鳥栖はFW金森が初スタメンとなり、左SBは原に代わり三丸が久々のスタメン。

セレッソはデサバトが久々のスタメン復帰。個人的に前回対戦したときいいなと思っていた1人。

 

・厄介なセレッソの左サイド

f:id:koki135:20190812101459j:plain

セレッソは清武のいる左で作って攻めていくという意識があります。

ただ、攻撃の際の左、右、中央のサイド比率はほぼ均等であり、その理由としては左が詰まったら迷わず逆サイドに振るという選択をしていたからです。

また、縦パスをもらう意識も強く、FWの2人はゴールを決める役割というかあくまでも前の方で組み立てに参加する一部という意識が強いようで、特に奥埜は低い位置で受けて前を向いた選手に落とすという役割をうまくこなしていました。

 

今人気の漫画「アオアシ」のセリフの中で自分をフィニッシャーの位置にもっていくイメージをするなと主人公が言われますが、守備が組織化された現代サッカーの中でゴールを奪うのは容易ではなく、道筋を具体的に作ることが大事です。

セレッソの選手たちは全員でゴールまでの道筋を作っているからこそ何度も縦パスがFWに入り、必ずサポートする選手がいるというようになっており、今の強さにもつながっていると思います。

 

・ポジショナルサッカーを体現するセレッソ

先ほどの話と重複するところはありますが、セレッソはポジショナルプレーというものを自然とやっているなと感じます。

まず、ポジショナルプレーとは「枠組み」であり、「コンパス」である。(ポジショナルプレーのすべて 著 結城康平 引用)

言い換えれば、選手同士がどこにいるべきかというのを把握して、共有しあっている状況であり、セレッソはまさにその通りの動きを見せていました。

その結果、前回のセレッソ戦のレビューでも書きましたが、セレッソは三角形をスムーズに作れる動きをしており、今節の鳥栖も何度も脅かされました。

一例をあげると

f:id:koki135:20190812101530j:plain

前半22分のシーンですが、松田は奥埜に出そうとしますが原川がいて出せませんでした。するとすかさず奥埜が松田の横にサポートしてボールを受けると、奥埜がいたスペースを水沼が走り、そこからのコンビネーションで決定機を迎えました。

セレッソはこのように三角形を作るにはどこに顔を出して3人目はどう動けばよいかというのが自動化されており面白いように鳥栖のゴール前に侵入できていました。

そもそも三角形の創造がなぜ大事かというと斜めのパスコースができ、敵はパスの受ける選手とボールを同一視野にいれることができなくなってしまい状況を再度把握するのにどうしても時間がかかってしまいます。その間に三角形を作る残りの1人(3人目の動き)がフリーになります。

22分には松田からメンデスが受け3人目の動きで水沼がフリーになり抜け出すことができていましたし、同じような動きが両サイド何度も見られました。

鳥栖に足りないのはこういったところかなとも思います。左サイドで作るときなどにサイドに寄りすぎて、自らパスコースを失っているような場面を多々見られます。監督とメンバーが入れ替わった鳥栖に今からポジショナルプレーを体現してみろというのも破壊を招きそうなのでここのところは来年以降に期待をしたいと思いますが、鳥栖もいい場面はありました。

前半3分の場面ですが

f:id:koki135:20190812101513j:plain

クエンカが水沼、藤田を引き付けたところに三丸にボールが出て、クエンカへ。そして縦にいた金森にボールが出て、インナーラップをしてきた原川へという場面でしたが、デサバトのファールで止められました。ただこれでデサバトはイエローをもらいあまりガツガツいけなくなってしまい、良いファールをもらったと思います。

金森の驚異的なスプリント力を見せつけられ、これが「砂岩魂」を表しているのではないかと思いつつ、彼は縦関係で何度もボールをもらおうとする動きを見せていました。

金崎の場合は個の力で打開しようとしますが、金森はまずは味方を使おうとする動きをします。そのせいか前半21分のクエンカからトーレスの素晴らしい胸トラップからのパスは合いませんでしたが、トーレスに打ってほしかったためコースを空けてあえて走り出さなかったのかもしれません。

 

・試合を進めるセレッソ

セレッソはピッチをまんべんなく使い鳥栖のゴールに迫っていきます。

あくまでも繋ぐという強い意識はなく、前からくる鳥栖の選手をはがすとすぐさま前線でロングボールを蹴り、鳥栖CB対C大阪FWという展開で危ない場面を作られましたが、秀人のスパイク脱げながらの守備や高丘のビックセーブなどで最後のところはやらせませんでした。

また、左の丸橋や右の松田にボールが入るとアーリークロスを放り込みCB間に必ず顔を出すメンデスに合わせようとする攻撃も厄介でした。

 

前半17分に失点をしますが、この前のコーナーキックは丸橋から逆の松田へ展開してニアゾーンを走る水沼が奪ったコーナーであり、ピッチを広く、深く使った結果かなとも思います。

今シーズン先制して負けた試合は4節の浦和戦のみで、さらに言えば前半に得点して負けたことがないセレッソであり、攻撃では自分たちの距離感でゲームを進めて、守備もその距離感のままブロックを敷いて相手を囲い込む固い守備をするチームであり、このゲームも高丘のビックプレーがなければ点がとれないままこてんぱんにやられていました。

後半に入ってもセレッソは46分、55分とアーリークロスから決定機、48分、60分にはロングボールからメンデスが抜け出し決定機を作ります。

鳥栖は60分にヨンウからチアゴに代え、意図としては林のコメントにもあるように中央を閉めるセレッソに対してクロスから何とか打開したいがためだったかと思います。

さらにクエンカは中よりのポジションで多少の守備の戻りの遅さには目を瞑り、ゴールの近くでプレーさせます。

64分には金森のプレスをきっかけにチアゴからトーレスのシュートで決定機を迎えますが、73分に前半からプレスを頑張って疲れも見えるトーレスに代え林を投入。

さらに81分には松岡に代え豊田を投入して、金森をCHの位置へ。前線からのプレスかつチアゴのクロスに合わせる役割を林と共にさせようという狙い。

85分には清武が中へ侵入してきたところから柿谷が受け、メンデスへラストパスを送り、最大の決定機を迎えますがこれも高丘がなんとか防ぎます。

 

・トスタイムの時間

85分にチアゴが悪魔の左足を振りぬき、ロングシュートでコーナーを得ます。このシュートと3本のコーナーで恐らく感覚を合わせたのでしょう林へのゴールを演出します。立て続けのコーナーの場面では丸橋が2本目までファーに飛び込んでくるのに備えていたのですが、2本ともゴールに向かったのを気にしてかゴールをケアするような動きをしてしまい、林が飛び込んだところが空きました。それにしてもチアゴのあのボールスピードだとキーパーは飛び込めませんし、丸橋のように一瞬の判断を誤るとゴールへとなってしまうので、鳥栖になかった武器を手に入れた瞬間でした。

同点にされたセレッソは1点を取りに前から奪いにきて攻勢を強めます。その結果、今まで狭いところで分かりやすく左足しか使わないチアゴは封じられていましたが、オープンな展開になり、高丘からの正確なボールを受けると広大なスペースを自由にカットインしてファールをもらいそうになりますが倒れず、なんとか踏ん張り(ここにも砂岩魂みたいなのを感じました)豊田へラストパス。このとき金森も全力で内側へ走りぬける動きを見せて豊田へのコースを作る働きを見せます。パスを受けた豊田はシュートの前に一瞬ためをつくりキーパーの動きをずらしたようにも見えました。あの場面で決めてこその豊田ですし、鳥栖であり、砂岩魂を見せてもらった気がします。

 

・最後に

内容としては完敗でありましたが、前節の大分戦も合わせて勝ち点4を執念でもぎ取ったのは大きいでしょう。鳥栖の残留するんだという強い意志を感じますし、こういう試合をものにできるかで今後のモチベーションも変わってくるはずです。なので、トスタイムはたまにで良いので2-0くらいで安心してみていられる試合を次はしてほしいと思います(笑)実際は勝てばなんでもいいんですけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

サガン鳥栖対大分トリニータ

・両チームのスタメン

f:id:koki135:20190805184038j:plain

鳥栖はいつもの4-4-2かなと思われましたが、片野坂監督が試合後インタビューで想定外と語ったように並びとしては4-1-4-1に近い並びでした。

明輝監督は特に変えていないというように語っていましたが、相手を嵌め込むために自然とこのような並びにたどりついたのだと思います。

 

・大分のビルトアップの形

鳥栖は前回大分と戦ったときに両サイドに開いた最終ラインからWBやIHに通されまくってなにもさせてもらえなかった苦しい過去があります。なぜそうなったかというと鳥栖は単純に4-3-3の並びで前から嵌めていきましたが、大分は最終ラインを4枚でそろえているため簡単にプレスの網をかいくぐれました。

明輝監督はそのとき暫定監督として急遽監督として指揮をとらないといけなくなったため対策の余地がなかったかと思いますが、相当悔しい思いがあったはずで今回のようなしっかり前から嵌めにいくように落とし込んだと思います。

 

大分は主に2つのビルトアップの形があります。

①最終ラインを4枚並べる形(前回やられた形)

f:id:koki135:20190805185133j:plain

大分のキーパーはボールを積極的に扱うタイプで最終ラインに並ぶように前に出てきます。そしてCHの長谷川が最終ラインに落ちてきて押し出されるような形でCBの三竿がSH化して、WBの田中がWG化します。

前節の川崎対大分を見たのですが、前回の鳥栖と同じような現象に陥っており、ここでいう三竿、田中が捕まえきれずに押し込まれており、川崎の対応としては押し込まれてもいいから2,3列目のブロックをしっかり組んで守ることでした。

 

②ひし形でのビルトアップ

f:id:koki135:20190805185841j:plain

この形は両サイドのWBがWG化するような形となります。

①よりも攻撃的で相手が前からあまりこないようなときなどに採用されているようです。

大分としては相手を見ながら動いていきどちらかのビルトアップの形になります。

 

・大分に対する鳥栖の答え

大分のビルトアップに対して開始から鳥栖は前から行くよという答えをだしました。 

じゃんけんでたとえるならぐーをだすならぐーでいくよといった感じでしょうか。

ただめちゃくちゃ暑い中で常に前から行くのは自殺行為です。それなら運動量のおおいやつに上下運動させようという明輝監督のドS作戦でした。(笑)

 

①に対するプレス

f:id:koki135:20190805190738j:plain

 

②に対するプレス

f:id:koki135:20190805190644j:plain

矢印ばかりで見にくくなってしまいましたが、福田と松岡上下運動きついけど頑張ってねみたいなプレスのかけ方です。

トーレスにプレスをさせすぎては攻撃のときの力を発揮できなくさせてしまいます。

そのため最低限鈴木だけみてもらってついでにみれるならティティパンも見といてという感じでした。それならついでに見れないときティティパンはフリーになりますが、そこは松岡が前に出てけん制しており、けん制の必要がなくなると小塚のマークについていました。

また。場合によって松岡が前に出すぎるとそのスペースを福田が埋める補完体制がしっかりできていました。

大分は鳥栖のプレスに嵌め込まれる場面が何度も見られて持たされている時間を多く作ってしまい鳥栖のペースで進んでいきました。

 

鳥栖の攻撃

守備のプレスからリズムを掴んだ鳥栖は相手のCB、WBが空けたスペースへロングボールを蹴りこみ金崎がキープしったり抜け出すような場面が多くみられました。

いつも金崎が降りてくる位置には原川がいるため降りてくる必要もなく、うろちょろせずにシンプルに前への推進力が得られました。

大分としては後ろ向きにボールへ対応しないといけなく追ってくるのが金崎やトーレス、福田だったりしてクリアしてもアンカー役の松岡が大分の前線の手前にいるためことごとく回収されカウンターもできない後手後手の状態でした。

前半特にいいなと思った場面があり、3分の場面で金崎がCB間のスペースを使う動きを見せ、金崎が動いた結果空いたスペースをトーレスが使う動きをみせました。ただ、残念なのがボールがでてこなかったのですが、ボールが出てくる場面が見られ、

 

33分のシーンでヨンウからトーレスへの展開ですぐに金崎は空いている中央へポジション取りをしてトーレスの落としから決定的なシュートを放ちましたが、惜しくもキーパー正面でした。

 

この試合はこのように空いたスペースへ走りこもうとする意識がみられたのですが、福田がIHの意識が強すぎて中へ走りこんでしまい味方のスペースを消してしまっている場面が見られました。福田が外を走ればトーレスが走りこむスペースができてくるのになあと思えた場面が何回かありました。

それでも福田がプレスをかけ続けたおかげで後半の先制点につながりました。

あの場面ヨンウにボールが渡りましたが、自分の前後に敵がいましたが、スペースがあるうちに切り込みました。後ろから追ってくる選手としてはあのタイミングで切り込まれると背中しか見えなくなり足を出せばイエローをもらう場面でもあるため飛び込めません。そして福田が前にそのまま残っていたためCBも切り込んできたヨンウにチャレンジすることができず、見事なゴールを決めました。

 

鳥栖の失点シーン

61分に同点に追いつかれます。オフサイドかどうかは置いておいて、小林はなにがなんでも縦だけは突破されてはいけない場面でした。そして次に近い位置にいた松岡が一瞬立ち止まってしまったため小林のカバーに行けずに中へパスを出されてしまいあのようなゴールとなりました。

 

・大分後半の動き

大分は後半の途中から両サイドの三竿と岩田をそこまでまえに上げずに低いラインでボールを受け相手をつり出そうとしているように見えました。

f:id:koki135:20190805194806j:plain

図は後半75分の場面ですが金崎が疲れからか追えなくなったところに松本にボールが出て原が対応する形になりました。そして外に張っていたオナイウにボールが渡り、松本はそのまま原が空けたスペースへ走りこみました。

オナイウからのパスはわずかに合いませんでしたが、この動きにより結果として2点目がやられた形になりました。

外に逃げる動きをした選手に原川がついていき中が開いてしまい、岩田にスーパーゴールを決められました。空いたスペースを誰がカバーするのかそれを連動して行わないとまた同じような失点を食らうかもしれません。

 

・最後に

90分になんとかゴールを決めて同点にして勝ち点1となりましたが、チャンスの数、決定機でも鳥栖は上回っていたかと思います。鳥栖は決定力あとは空けたスペースを使う共有がまだまだ足りていないかと思います。(常に述べていますが)

なかなか勝てないなかで昨年のようなトーレス、金崎の決定力をみせてもらって結果として勝ちに繋がってほしいです。 

残留ラインが勝ち点40とすると残り試合13試合で7勝6敗でも勝ち点39までしかのせられません。そう考えるとホームでは負けられないアウエーでは最低引き分け、そのような試合が続きますが、昨日の試合途中で歌ったマイノリティーのように一体感をもって選手を後押ししたいですね。秀人がいっているように挨拶の際に選手の名前を叫んでいるのが聞こえてくるといっていたので、みんなで歌えば選手たちに想いは伝わるはずです。マイナスな溜息とかではなく応援でスタジアムを盛り上げられればいいですね。